OKAYAMA UNIVERSITY OF SCIENCE KENDO CLUB

岡山理科大学剣道部 OB・OG会 会則

第一章 総則
第1条 本会は岡山理科大学剣道部OB・OG会と称する。
第2条 本会の本局は岡山県岡山市北区理大町1-1 岡山理科大学内に置く。
ただし、事務局は外部に置くことができる。
第3条 本会は総会の決議を経て必要に応じて支部を置くことができる。
第二章 目的
第4条 本会は岡山理科大学剣道部OB・OG会員相互の親睦と知識の交流を図り、
併せて、母校の剣道部並びに母校の発展に寄与することを目的とする。
第5条 本会は前条の目的を達成するため、次のことを行う。
1.OB・OG総会の開催。
2.部活動の援助。
3.その他前項の目的を達成するために必要な事業。
第三章 会員
第6条 本会の会員は次のとおりとする。
1.岡山理科大学剣道部OB・OGをもって構成する。
かつ、OB・OG会の趣旨に賛同するOB・OGをもって構成する。
2.会員は入会費及び年会費を納入しなければならない。
第四章 役員
第7条 本会の役員は次のとおりとする。
1.会 長  1名。
2.副会長  1名。
3.相談役  数名。
4.会計   1名。
5.会計監査 1名。
6.広報   1名。
7.幹事   数名。
8.学内OB担当 2名。
ただし、任期は2年とする。留任は妨げない。※学内OB担当を除く
第8条 会長は、総会において出席会員の2/3以上の決議をもって会員の中から選出される。
第9条 副会長は会長を補佐し、会長に職務の支障ある事態が生じたとき、その職務を代行する。
第10条 副会長以下役員は会長が選出し総会で承認する。
第五章 総会
第11条 総会は会員をもって構成する最高議決機関とする。また、総会は次の事項を行い決定する。
1.役員の選出。
2.事業計画並びに事業報告。
3.収支予算並びに収支決算立案報告。
4.会則の改訂。
第12条
総会は原則として会長が年1回開催する。
第六章 役員会
第13条
役員会は役員をもって構成し、本会の執行機関とする。
第14条
会長は必要に応じて役員を召集し、役員会を開催できる。
第七章 会計
第15条
本会は諸目的のために会費を徴収する。
第16条
本会の会計年度は、原則として11月1日に始まり、翌年10月31日に終了する。
附記
・平成29年11月 改訂
岡山理科大学剣道部OB・OG会費徴収細則
現役部員の活動をOB・OG会が支えて行くのが当剣道部の伝統であり、
その良き伝統を守る為にOB・OG会員として、会費の納入義務を負うものとする。
1.入会金は一万円とする。
2.年会費は3千円とする。
3.原則として振込みとする。払込時期は1月~3月とする。
尚、会員の了解を得て自動引落も可とする。
4.振込が難しい場合は、複数年分の一括払いも可能とする。

会費、寄付金振込み先
1.郵便局
口座記号番号 01310-1- 103747(右詰)
口座名称(漢字) 岡山理科大学剣道部OB・OG会
口座名称(カナ) オカヤマリカダイガクケンドウブ オービーオージ

岡山理科大学剣道部OB・OG会慶弔規定
1.慶事
剣道部・その他関係者の慶事に関しては、会長・役員がそのつど相談して決める。
2.弔辞
OB・OGが亡くなった場合は、「岡山理科大学剣道部OB・OG会」で弔電を打つ。
ただし、有志で供花を行う場合は「岡山理科大学剣道部OB・OG会」名を使用してもよい。
監督・OB・OG会会長が亡くなった場合は、弔電・供花を行い、役員が参列する。
現役部員が亡くなった場合は、弔電・供花を行い、役員が参列する。
ほか、関係者が亡くなった場合は、会長・役員がそのつど相談して弔電・供花を行う。
3.剣道部関係者に上記ことがあった場合は、速やかに広報に連絡し、手配については原則として広報が行う。
以上